IPO・CFO・ベンチャー企業の転職支援になぜ強いのか?

財務・会計の専門家向けのIPO関連求人が多彩

当社オリジナルのIPO準備企業関連求人や提携先のVC、ファンド、ファーム等からご依頼頂くIPO準備中の企業のCFOや管理部門責任者ポジションの求人がご紹介可能です。特に公認会計士を求める財務・経理責任者ポジションの求人は豊富ですので、ベンチャー企業やIPO、CFOに興味のある会計士の方にマッチする求人が多い傾向にあります。

良質なベンチャー企業求人が多い

IPOが経験したいということでベンチャーに転職されるケースも多いかと思いますが、企業のビジネスが思ったように伸びず、上場に至らないというケースも多くあります。 当社の場合、独自のルートから良質なベンチャー求人・IPO関連求人も集まっておりますので、IPOを経験したいという会計士向けの求人が集まっています。

複数のベンチャー企業経営による繋がり

監査法人での勤務経験のみならず、当社の代表自身が複数のベンチャー企業を経営していることから、IPO支援を行うファームやファンド等と繋がりがあり、独自の求人の紹介が可能となっております。 会計業界での勤務経験と起業経験を活かした転職支援が可能となっております。

CFOの転職といっても企業のフェーズにより求められるものやミッションは異なる

近年は国内企業のIPO準備に伴うベンチャー企業のCFO募集求人が多かったことから、監査法人での勤務経験のある公認会計士等の手続き的業務が得意+ファイナンスの知見のある方が割と転職するケースは多かったです。

ただ、企業の成長フェーズにより必要とされるCFOは異なりますので、一概に公認会計士が当てはまるというわけではなく、例えばIPO後の事業会社においては、手続き的な業務よりもより事業を成長させていくためにどのような投資(M&Aによる多角化や海外進出等)を行えばいいのかといった見方が必要となり投資銀行出身者等が当てはまるケースが多かったり、バイアウトファンド傘下の事業会社でのCFOポジションと言うケースにおいても求められる能力は異なります。
基本的に公認会計士や証券、投資銀行出身者は基礎力が高いのでどのフェーズでも当てはまる方は多いのですが、ご経験・ご希望と企業側の状況に合わせたCFOポジションの求人をご紹介しております。

このページではIPO準備企業に関することを中心に記載しておりますが、当社では様々なフェーズの企業への転職支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

エルキャリのCFO・IPO・ベンチャー企業への転職支援の特徴

公認会計士等の財務・会計のプロフェッショナルのキャリアに詳しい

監査法人での勤務経験はもちろん、事業会社での勤務経験もあるので、会計士がキャリア形成していく上でベンチャー企業へ転職した際の注意点やメリット・デメリット等も加味した提案が可能です。

また、IPO準備企業を始めとするベンチャー企業への転職においては、単に財務・会計の知識・スキルが有ればよいわけでは無く、転職先企業のフェーズや抱える課題により、スキル以外の部分のマッチ度も重要です。
マインド面含めてベンチャーに合うかどうか等も見ながら転職相談が可能です。

監査法人の勤務経験しかない会計士のベンチャー転職支援も

監査法人の勤務しかない方の場合、ベンチャー企業に興味はあるが不安だという方も少なくありません。
もちろん監査経験しかない場合、転職先は限られますが、証券会社対応や監査法人対応、内部統制等、監査法人での勤務経験が大きく活かせる求人も多く、監査法人にてIPO実務を行ったことのある方であればマッチする求人もございます。
ただ、状況にもよるため一度ご相談いただければと思います。

IPO支援を行うコンサルティングファームへの転職という選択肢も

IPOやベンチャーに興味のある会計士の場合、コンサルティングファームでの経験を積んでからの方がキャリアに幅が出て、長く活躍するためのスキル・経験が得られやすいというケースもあります。
そのため、単にベンチャーの求人を紹介するのではなく、キャリアのご状況を確認させていただいた上で様々なご提案をさせて頂いております。

証券会社や銀行等金融機関出身の方のCFO転職支援も

ここまで公認会計士がIPOベンチャーやベンチャー含めたCFOポジションへと転職するケースを中心に記載しましたが、当然金融機関出身者のCFOポジションへの転職もございます。

上記で記載した通り、企業のフェーズによりCFOと一言で言っても求められるスキルが異なることから、各種ご希望と企業のフェーズにマッチした転職支援を行っております。

転職動向とIPO・CFO関連求人

IPOマーケットは比較的活況であり、公認会計士を求める求人はまだまだかなり多い状況です。
ただ、求められるものや業務内容は求人先により異なるため、これまでどのようなご経験があるのかといったところで転職可能かどうかは分かれるところです。

2019年のIPO社数は86社と2018年と比較してほぼ横ばい(微減)でしたが、2020年以降も当面は大きな変化はなく推移していくのではないかと考えられます。
※新型コロナウイルスの影響によりIPOを遅らせる、断念する企業は確かに一定数増えましたが、時間がたち、徐々に盛り返してきている企業も増えており、以前としてCFOを求めるIPOベンチャーは多い傾向です。

審査基準が厳格化された影響で多少影響は受けているものの、落ち込むことは考えにくいため、IPOの経験を得たい方にとってはまだ良い時期が続くと言えます。

IPOの経験は会計士のキャリアとしてとても有用なものとなりますので、チャンスの多い今の時期にベンチャーに飛び込んでみるのも良いかと思います。

転職ありきでなく、とりあえず興味があるから話が聞いて見たいという方もいらっしゃるかと思いますのでお気軽にご相談いただければと思います。

CFO関連求人について

CFOやCFO候補を募集する求人は表に出せないものが多くなりますので、恐れ入りますが転職をお考えの方はお問い合わせください。

IPOを目指すベンチャー企業においては監査法人の勤務経験だけでも可能な募集もございます。

また、上場企業において経験豊かなCFO・CFO候補を募集するポジションもございます。

お気軽にお問い合わせください。



<CFO・CFO候補求人案件一例>
<IPO準備企業の経理財務責任者候補の求人>

・IPO準備企業にてプレイングマネージャーとして財務・経理部の構築から携わり、責任者を目指していただきます。CFO直下のポジションのため、CFOとしての採用ではありませんが、まずはIPOを経験し、先々CFOを目指したいといった中堅(30代)の方にかなりマッチする求人です。

年収:1000万円~1,200万円程度

<IPO準備企業のCFO・CFO候補>

・IPOに伴い内部統制構築、監査法人対応、証券会社対応等を行いつつ、経理体制の整備をお願いします。監査法人での勤務経験が活かせます。

年収:700万円程度

<CFO候補の求人>

・銀行との折衝やM&A展開も多いため、左記のご経験者及び財務・経理での業務経験が豊富方。将来のCFO候補として、社長直下で事業成長を支えて頂きます。

年収:1000万円~1,300万円程度

上記は一例となります。

会計士の個別転職相談会

エルキャリでは公認会計士や会計士試験合格者の方向けに個別転職相談会を行っています。 ベンチャー企業への転職に興味のある方向けのものから、先のキャリアを見据えた転職相談が可能なものまで様々ございます。 その他各種個々人のお悩みに合わせて転職相談しておりますので、お気軽にお問い合わせください。CFOを将来目指したいといった公認会計士の方もお気軽にご相談いただければと思います。
また、公認会計士以外の財務経理・金融バックボーンの方のご登録も当然歓迎しております。

転職サポートの流れ

IPO関連の求人に興味のある方向けの転職サポートについて記載させていただきます。
  • 無料転職登録

    はじめに、「無料転職登録(無料)」、あるいは「上記で記載している各種説明会ページ」よりご登録ください。

    登録内容を確認後、当社よりご連絡いたします。

    転職するかどうか決まっていない方のご登録も問題ございません。

  • 転職相談・面談
    会計士の転職に精通したコンサルタントがキャリアカウンセリングをさせていただきます。
    IPOやCFO関連の転職に興味のある方の場合、お話を伺った上で、求人の紹介をさせていただきます。
    ※完全非公開求人も多いことから、企業側へ確認の上ご紹介する求人もございます。
  • 求人応募
    応募先企業が決定しましたら当社から求人先へ書類応募させていただきます。

    ※書類応募に際して、履歴書・職務経歴書に不安のある方は記載方法のアドバイスを実施させていただきます。
  • 面接・面接対策
    書類選考に突破しましたら、面接の準備を進めていきます。
    監査法人の勤務経験しかない方の場合、面接に不慣れな方も多いかと思いますので、ご希望・状況に応じた適切な面接対策を実施させていただきます。

    ※面接日程調整等は当社にてサポートさせていただきます。
  • 内定・入社
    応募先求人企業から内定を頂きましたら、当社より待遇等の条件のご案内を差し上げます。
    現在行っている業務の都合によっては入社日の調整等が必要になるケースもありますので当社でしっかりサポートさせていただきます。
    また、同時に現職の退職手続きが必要となりますので、お困りごとや心配なことがございましたら当社にご相談ください。

よくある質問

  • 監査法人でIPO支援業務に携わっておりますが、監査法人での業務経験だけでも転職可能ですか?

    可能です。スキル的には監査法人勤務だけでもご紹介可能な求人はございます。 ただ、監査法人勤務しかない方の場合、一般事業会社で働いた経験が無く、風土に馴染めるか等不安を抱えている方もいらっしゃいますので、そうした面も含めて転職相談させていただきます。。
  • 転職サポートを受けるのに費用はかかりますか?

    転職サポートは完全無料ですのでご安心ください。


  • 繁忙期につき平日に転職面談することが難しいのですが、土日や祝日は対応可能でしょうか?

    可能です。

    ただ、休みの日は他の方の登録や相談も多いので、先着順となりますのでご了承ください。


  • 転職するかどうか決めかねている状態でも大丈夫ですか?

    問題ございません。お話をさせていただき、じっくり転職するかどうか検討していただければと思います。


なぜベンチャー企業へのCFOの転職支援を行うのか?

公認会計士武石大介
代表:武石大介

学生時代にあるベンチャー経営者の書籍を読み、ベンチャーの新しい価値を提供するというワクワク感やスピード感、相次ぐトラブルを乗り越えていく面白さに強く興味を惹かれました。

今では大企業といわれる会社でも、昔はベンチャー企業だった会社も数多くあります。少子高齢化社会のなかでも、まだまだやり方次第で日本をより便利で楽しく、また国際的にも競争力ある国とすることは可能であると思いますが、そのための大事なポイントの1つは1社でも有望なベンチャーが生まれ成長することだと私は考えています。

公認会計士がベンチャーで活躍できるフィールドはたくさんあります。CFOもその中の一つだと思います。
1人でも多くの将来有望な公認会計士とベンチャー企業の出会いの機会を作り新たなシナジーを生み出すことが私の使命です。


一人でも多くの会計士・税理士の方の今後のキャリア構築のお手伝いをできれば幸いです。


ファンド傘下の企業や投資フェーズに入っている企業へのCFOの転職支援も

当社では各種VCやPEファンド、コンサルティング会社等と提携していることもあり、ベンチャー企業だけでなく、再生途中にある企業のCFO求人やIPOを実現し、今後大きく成長していくにあたり投資やビジネスの視点を必要とするCFOポジションの転職も行っています。

IPO準備企業や公認会計士のCFO希望者がここ数年は多かったことから、会計士・ベンチャーを基準に本ページでは記載しておりますが、様々なフェーズ・状況にある企業のCFO求人がありますので、CFOや経理財務責任者としての転職をお考えの方は一度お問い合わせ頂ければと思います。